国立大学法人福島大学  
キャンパスマップ資料請求交通アクセス学内施設サイトマップお問合せ一覧リンク
福島大学トップ > 学生生活案内トップ >  入学料・授業料・奨学金 - 奨学制度等

奨学制度等

(1)日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学生

人物・学業とも優れかつ健康であって、経済的理由により修学に困難があると認められる者について、大学で選考のうえ日本学生支援機構に推薦し、審査の結果決定されます。

ア. 奨学金の種類

(ア) 第一種(無利子)

(イ) 第一種緊急採用(無利子)

(ウ) 第二種(有利子)

(エ) 第二種応急採用(有利子)

第一種の(ア)と(イ)は、第二種の(ウ)と(エ)のどちらかを併用することができます。

緊急採用・応急採用

家計支持者か、失職・破産・倒産・病気・死亡等又は火災・風水害等により家計が急変したため緊急に奨学金の必要が生じた場合申請することができます。


イ. 奨学金(月額)

(ア)第一種は、大学入学者は自宅通学45,000円または30,000円、自宅外通学51,000円または30,000円、大学院修士課程入学者は88,000円または50,000円、大学院博士課程入学者は122,000円または80,000円を選択(第一種緊急採用も同額)。

(イ)第二種は、大学入学者は30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5種類から、大学院(修士課程、博士課程共通)入学者は50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円の5種類から選択(第二種応急採用も同額)。


ウ. 奨学金の返還

奨学金は、学資として貸与されるものですので、貸与終了後は規定に従って必ず返還しなければなりません。第一種は、所定の期間内に月賦、月賦・半年賦併用、その他定める方法の中から選択して返還することになります。第二種は、所定の期間内に貸与利率を基にした元利均等方式で月賦、月賦・半年賦併用のいずれかから選択して返還しなければなりません。

(ア) 返還猶予

  1. 奨学生であった者が、引続き在学するときは、「在学届」の提出によって在学中返還が猶予されます。
  2. 卒業後進学したときは、進学校に「在学届」を提出することによって、在学中返還が猶予されます。
  3. 卒業後、災害又は傷病、その他真にやむを得ない事由によって、返還が困難になった場合は、返還期日の到来前に手続をすれば、一定期間返済が猶予されます。

(イ) 返還免除

  1. 死亡・心身障害による返還免除

    本人が死亡又は心身障害のため返還ができなくなったときは、願い出によって返還未返済額の全部又は一部の返還を免除することがあります。

  2. 教育職についた場合の返還免除(第一種奨学金のみ適用)

    大学学部・短期大学・高等専門学校において貸与を受けた奨学金については、これまで、教育職に就き、一定の年数その職に在職したときに返還免除を受けられることがあるとなっていましたが、法改定により、平成10年4月以降の入学者から、この返還免除制度は廃止されています。

    ただし、平成10年3月以前の入学者については、従来通り免除を受けることができます。


エ. その他

(ア) 貸与の期間

原則として貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限までの期間となります。

(イ) 奨学生の募集

日本学生支援機構から募集通知があり次第、学生課専用の掲示板で指示します。(例年4月に募集があります)

(ウ) 出願の手続

出願希望者は、担当窓口で所定の書類の交付を受け締切期限内に担当窓口へ願い出ること。なお、必要書類はおおむね次のとおりですが、くわしくは募集のとき通知します。

  1. 奨学金申込書及び確認書(日本学生支援機構所定用紙)
  2. その他大学で指定する各種証明書

(エ) 採用決定の時期と通知方法

  1. 採用決定の時期は、例年申込書締切り後2〜3か月になります。
  2. 採用決定者の発表は掲示で行い、個別に通知はしません。

(2) しのぶ育英奨学金

福島大学には日本人学生個人を対象とした独自の「給付型奨学金」があります。

年間60万円支給され、返還する必要がありません。

2年生以上の日本人学類生(大学院生を除く)が対象です。

他の団体から給付型の奨学金を受けていない学生で家計困窮度のほか学内での成績等により選抜されます。

奨学金受給を希望する年度の前期授業料免除申請をする必要があります。

詳細は「しのぶ育英奨学金募集要項」を参照してください。

(3) その他の奨学生

日本学生支援機構の他に、各都道府県市町村または各種団体独自の奨学生制度があり、本学に推薦の依頼があればその都度募集します。

● 募集依頼実績例

【貸与型】
あしなが育英会、石川県、茨城県、きらやか銀行、交通遺児育英会、関育英奨学会、徳島県、日本通運育英会、福島県、宮崎県奨学会、山形県社会福祉協議会
山口育英奨学会

【給付型】
JT国内大学奨学金、アークランドサカモト奨学財団、池田育英会トラスト、牛久保・天田育英財団、クリナップ財団、双日復興支援教育基金、太平洋セメント奨学金
戸部眞紀奨学財団、林レオロジー記念財団、フジシールパッケージング教育振興財団、毎日新聞社会事業団、三菱UFJ奨学財団、三菱商事復興支援財団、明光教育研究所、ヨネックススポーツ振興財団、彌満和奨学金